ミニ株をおすすめしない理由とは? 配当金・手数料・株主優待についても解説

ミニ株をおすすめしない理由とは? 配当金・手数料・株主優待についても解説
ミニ株は、少ない金額から株式投資を始められる点が最大の特徴。100円や1,000円程度から始められるため、敷居が低くなりますよね。

しかし、ネット上を見てみると、「ミニ株はおすすめしない」という口コミも見られます。

そこで本記事では、ミニ株をおすすめしないといわれる理由に迫り、どんな人に向いているかを紹介。ミニ株の配当金や手数料、株主優待についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもミニ株に投資する意味は?

ミニ株をおすすめしない理由とは? まずはミニ株の仕組みを理解しよう
ミニ株に投資する意味は、少ない金額で株式投資を始められる点にあります。

そもそも、通常の株式投資では、売買単位が100株に設定されています。そのため、1株1,000円の株式であれば、1,000円×100株で10万円が最低購入価格となるわけです。

初めて株式投資をする人にとって、10万円は少し高すぎますよね?

しかし、ミニ株であれば、1株単位で株式が購入できるため、100円や1,000円程度からでも株式投資が始められるんです。

なお、ミニ株でも配当金や株主優待をもらえます。通常の株式投資に比べて諸条件はありますが、基本的には同じ仕組みと考えていいでしょう。

ところが、ミニ株に対して「おすすめしない」という意見もあります。以下で、ミニ株をおすすめしない理由を4つ挙げて、その内容を検証していきます!

ミニ株をおすすめしない理由1:相対的に手数料が高くなる

日本株は単元株が100株。まとまった資金が無いと投資できないので敷居が高い。ミニ株という制度もあるが、手数料が割高になる。米国株を中心にしながらも、一応、チェックはしているが、今のところ2、3の企業にしか興味が無い。しかし、私の資金では手を出しにくい。

引用:Twitter

私たちが株式投資をする際、企業の株を直接買うのではなく、証券会社を通じて購入します。しかし、証券会社も株の売買を無料で行うことはなく、私たちが手数料を支払うことになります。

この手数料ですが、ミニ株では割高になるという口コミが多く見られます。以下で、ミニ株と通常の株式投資(単元株)の手数料を比較してみました。

ミニ株と単元株の手数料比較

売買金額 ミニ株 単元株
1,000円 52円 110円
1万円 55円 110円
3万円 165円 110円
5万円 275円 110円

※マネックス証券のワン株単元株(取引毎手数料コース)の売買手数料の比較

上記は、マネックス証券のミニ株である「ワン株」と単元株の手数料を、売買金額ごとに比較したものです。

ご覧頂くとわかるとおり、1万円以下の取引ではミニ株の方が手数料が安いですが、売買金額が3万円になると、単元株の方が手数料が安くなります。これがミニ株の手数料が高い、といわれる理由です。

しかし、ミニ株を取引する上で、1万円を超えた金額で株を売買することは少ないです。そもそも、ミニ株は1,000円や1万円といった少額で取引できることがウリですので、手数料の高さについては気にしすぎなくても問題ありません。

頻繁に売買すると手数料負担は増してくる

ただし、頻繁にミニ株を売買する場合は要注意です。

株式投資の手数料は、取引の都度発生します。そのため1日に何度も取引をすると、その都度手数料が発生し、結果として売買金額に対して手数料負担が増していきます。

なお、株式を何度も売買する場合は、多くの証券会社で定額手数料コースが設けられているため、こちらを利用するといいでしょう。先ほど例に挙げたマネックス証券の「一日定額手数料コース」では、1日の約定金額(売買金額)合計が100万円以下の場合、550円で取引が可能です。

しかし、ミニ株には手数料定額コースは用意されていません。この点は、しっかり抑えておきたいですね。

ミニ株をおすすめしない理由2:注文方法が限られる

ミニ株、指値・逆指値注文できんし、寄成できんのつらいなぁ。

寄り天予測してたのに、業務中(朝礼中)で売り注文出せんかったの非常に辛い。

引用:Twitter

株式の取引では、大きく分けて「成行注文」と「指値注文」の2通りの注文方法があります。しかし、ミニ株では指値注文が行えません。

まずは、成行注文と指値注文について詳しく見ていきましょう。

成行注文と指値注文とは?

ミニ株をおすすめしない理由は? 成行注文と指値注文とは?
成行注文と指値注文の違いは、株価を指定して注文するかどうかです。

成行注文は株価を指定せず注文し、他の指値注文よりも優先させるメリットがある一方で、株式相場が大きく動いた時などに想定外の株価で約定(売買成立)される可能性があります

一方、指値注文は、自ら株価を指定して注文するため、その株価以外では約定しません。ただし、指定した株価にならないと約定しないため、売買が成立しないこともあります。

ミニ株では、基本的に成行注文しかできないため、株式相場が大きく動いた時に、想定外の株価で約定してしまう可能性がある点を理解しておきましょう。

ミニ株をおすすめしない理由3:株主優待がもらえないこともある

ミニ株なる、一単元ずつ買える株もあるらしいんだけどそいつは株主優待が使えないらしいからやめた
俺は投資目的で株が欲しいんじゃなくて株主優待が欲しいのです
後株主総会も出てみたいし

引用:Twitter

株式投資では、条件を満たすと自社商品がもらえたり、サービスを受けられたりする株主優待という仕組みがあります。

しかし、ミニ株では全ての銘柄ではないですが、株主優待がもらえない可能性が高いです。まずは、株主優待がどのような仕組みなのかを解説していきます。

株主優待とはどんな制度?

優待内容 優待発生株数
楽天グループ 楽天キャッシュ
楽天トラベル
国内宿泊クーポン
(1,500円)
100株
ANAホールディングス 国内線搭乗優待
ANAグループ各社
提携ホテル優待
100株
ポーラ・オルビスホールディングス カタログから化粧品などを選択 100株

※2022年の優待情報

上記は、一部の銘柄の株主優待と保有株式数の条件です。しかし、ご覧のとおり全ての銘柄で100株以上保有していないと、株主優待を受け取れません。

それでも、上記のような銘柄を100株以上保有し、条件が変わらなければ、毎年のように株主優待が受け取れるお得な制度です。自分の趣味に合わせてもいいですし、日常的に使用する優待をもらえば、節約にも繋がりますよ。

ミニ株で株主優待がもらえる銘柄は?

優待内容 優待発生株数
日本ケミファ 自社ヘルスケア商品優待セールの実施 1株以上
テレビ朝日 テレビショッピング販売商品割引 100株未満
三菱マテリアル 貴金属製品を
優待価格で購入可能
所有株式数に指定なし

※2022年の優待情報

こちらは、ミニ株投資でも株主優待を実施している企業の一部です。株主優待を実施している企業は1000社以上ありますが、ミニ株投資となるとその数は限られます。

それでも、数は少ないですが、ミニ株で株主優待を受け取れることは事実です。株主優待目的でミニ株を始めてみるのもいいですね。

ミニ株をおすすめしない理由4:購入できる銘柄が限定されている

株の購入について調べてる。予算はそんなに見てないので、“ミニ株”が良さそうとか思って調べ始めてるのだけどどうなんだろう? 取り扱いのある証券会社が限られる上に、銘柄数にも随分バラつきがあるみたい。

引用:Twitter

実は、ミニ株は全ての銘柄が対象となっていません。さらに、証券会社によって扱う銘柄数も異なります。

たとえば、auカブコム証券は東証、名証、福証、札証に上場する株式が対象ですが、SBI証券は東証に上場している銘柄のみが対象です。

そのため、どうしても買いたい銘柄がある場合は、証券会社で対象になっているか確認しておくといいですね。

ミニ株がおすすめな人とは? メリットも合わせて解説

ミニ株をおすすめしない理由は? おすすめな人を紹介
ここまでは、ミニ株をおすすめしない理由を紹介してきました。しかし、全員におすすめしないわけではありません。

大事なことは、ミニ株の特徴をよく理解し、自分に合った投資方法であるか見極めることです。以下で、ミニ株がおすすめな人をお伝えしていきます。

少額で株式投資をしてみたい人

繰り返しになりますが、ミニ株は1株単位で購入できるため、少ない金額で株式投資にチャレンジできます。

「今は余裕はないけど、ゆくゆくは100株単位で株式投資をしてみたい」など、まずは株式投資に触れてみたい人にピッタリです。

また、株式投資の勉強としてミニ株を活用するのもおすすめ。書籍やWebサイト、YouTubeの動画で株式投資のノウハウは獲得できても、実際に始めてみないとわからないことも多いでしょう。

そこでミニ株を活用して、株価がどのように動くか、利益はどのくらい期待できるのか、など学びの場として活用してみるのもいいですね。

リスクを抑えて投資したい人

株式投資は、投資信託などと比較してリスクが高いです。たとえば、購入した銘柄の企業が倒産してしまい、株価が10分の1になってしまうこともあります。

他にも、市場の大変動により日本株全体が下落し、自分が保有する銘柄もダメージを受けることもあります。

しかし、ミニ株であれば、投資している金額が小さいため、多少株価の変動があってもダメージは少なくなります。その一方で、期待できる利益は少なくなりますが、リスクを極力抑えて投資したい人には、ミニ株はおすすめです。

また、ミニ株は分散投資の効果もあります。

たとえば、自己資金が10万円しかない場合、通常の株式投資では買えて1銘柄か2銘柄程度。仮に2銘柄購入できたとして、共に業績不振に陥ると大きな損失になることが考えられます。

しかし、ミニ株であれば10銘柄や、それ以上購入することも可能です。銘柄を分散させることで、同時にリスクも分散できますよ。

配当金で不労所得が欲しい人

株式投資の醍醐味ともいえる配当金。もちろん、ミニ株でも配当金は受け取れます

たとえば、1株1,000円の銘柄で年間配当金が30円の場合、毎年のように30円が受け取れます。ただし、配当金はその年の業績によって変動するため、郵送されてくる配当金情報はよくチェックしておくといいでしょう。

なお、銘柄によっては配当金がない場合もあります

そもそも、配当金を出すか出さないかは、その株式を発行する企業の判断によって異なります。配当金を出すよりも、株価を上げることを優先する企業もあるわけです。

ミニ株で配当金を受け取りたい場合は、投資する前に情報収集を念入りにしておくといいですね。

また、会社員や公務員の人が配当金を受け取ったとしても、副業にあたる可能性は低いです。

そもそも、株式投資は労働ではなく、自身の財産としてみなされます。副業とは、本業とは異なる労働をした場合であって、株式投資は労働に該当する可能性は低いといえます。

ただし、お勤め先の企業によって、副業の概念は異なりますので、気になる人は確認しておくといいでしょう。

ミニ株取引でおすすめな証券会社3選

それでは最後に、ミニ株取引でおすすめな証券会社を紹介します!

ミニ株に限らず、株式投資をするためには、証券会社の証券口座の開設が必要になります。以下は、ミニ株に力を入れている証券会社ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

取引可能銘柄 手数料 特徴
マネックス証券
ワン株
ほぼ全ての銘柄の購入が可能 買付:無料
売却:約定代金の0.55%
(最低手数料:52円)
米国株式に強みあり
松井証券
単元未満株

整理銘柄・ETN・REIT・ベンチャーファンド・外国籍上場投資信託以外 約定代金×0.55%
最低手数料なし
現物取引で1日の約定金額合計が50万円未満は手数料が無料
SBI証券
S株
東証(プライム・スタンダード・グロース)上場銘柄 買付:無料
売却:0.55%
(最低手数料:55円)
ネット証券大手
Tポイントが貯まる

ここでは、初めてミニ株投資をする方に特におすすめの証券会社をピックアップしてみました。

取引可能銘柄については若干違いはあるものの、手数料はどこも同程度です。そのため、違いを見分けるには、ミニ株取引以外の部分を見るといいでしょう。

たとえば、マネックス証券は米国株式に力を入れています。米国株の取り扱い数は、証券会社の中でもトップクラスで、世界を代表する高収益企業の株はもちろん、これから伸びてきそうなマイナーな株式の取り扱いもあります。

他にも、松井証券は現物株取引(通常の株式取引)にて、1日の約定金額合計が50万円未満で手数料が無料。SBI証券は、Tポイントと連携しているため、投資をしながらポイントが貯められます。

このように、証券会社選びでは、自分の資産運用スタイルはもちろん、貯めているポイントや使っている銀行口座と連携できるかなど、広い視野で選ぶといいでしょう

ミニ株をおすすめしない理由のまとめ

今回は、ミニ株をおすすめしない理由を紹介してきました。本記事のまとめは以下のとおりです。

本記事のまとめ
  • ミニ株は売買金額が大きくなると手数料が割高になる
  • ミニ株の注文方法は成行注文に限られる
  • 条件を満たせば株主優待や配当金がもらえる
  • 初めて株式投資をする人や勉強したい人にミニ株はおすすめ

まずはミニ株の特徴をよく理解した上で、ご自身の資産形成に役立てていきましょう。

なお、ミニ株ではなく、本格的に株式投資の勉強をしてみたい人は、投資スクールの活用もおすすめです。以下の記事で、当サイトおすすめの投資スクールを紹介していますので、興味のある人はチェックしてみてくださいね!

>>おすすめの投資スクールをチェックしてみる